産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会

 
サイト内検索
株式会社 巴商会TOMOE SHOKAI Co., LTD ENGLISHサイトマップお問い合わせ
HOME 会社案内 商品とサービス ソリューション 技術情報 安全・品質・環境 CSR報告 採用情報
HOME > 会社案内/ 会社沿革
会社案内
ご挨拶
会社概要
会社沿革
活躍分野
巴商会の技術力
研究所
事業所一覧
関連会社一覧
安全・品質・環境
不正防止への取組み
一般事業主行動計画
採用情報
会社沿革
 
昭和25年 (株)巴商会を設立し、特殊ガスの販売を開始。
30年 富士電機製造(株)川崎工場に液体酸素を業界にさきがけて供給する。
33年 (株)日立製作所、住友金属鉱山(株)、小松電子金属(株)と取引を開始し、最新式な液体窒素使用法で供給を始める。
34年 プロパンガスの市販を開始。
調布(営)、横浜(営)、平塚(営)
35年 東急不動産(株)とタイアップし、大型建売住宅団地等のプロパンガス供給を開始。液体窒素の月間扱量15万トンに達し、業界で注目される。
36年 日本原子力研究所にガス全般を納入する。
千葉(営)、東海(営)
37年 アメリカ最大のヘリウムメーカーであるエアコウ社よりヘリウムガスを輸入し販売開始。
39年 液体ヘリウムを関東地区で初めて市販し、全国需要の50%を占める。
40年 アメリカより炭化水素系ガスの輸入を開始。シランガスを小松電子金属(株)より供給を受けて市販する。
42年 滅菌用ガスを昭和炭酸(株)と共同で商品化に成功。日本酸素(株)との共同出資による城南共同酸素(株)を設立。
大阪(営)
43年 研究所を横浜に設立し、同時にプロパンガス充填所を建設。
横浜(事)
44年 六弗化硫黄(SF6)を英国のICI社より輸入し販売開始。
静岡(出)、秋田(出)
45年 日本酸素(株)、アメリカのエアコウ社との共同出資による(株)ジャパンヘリウムセンターを設立し、日本でヘリウムの充填を行う。信越化学工業(株)、昭和電工(株)との共同出資による新潟水素(株)、また、日本酸素(株)、岡谷酸素(株)との共同出資による長野液酸工業(株)を設立。
高崎(営)、直江津(営)、姫路(出)
46年 郡山(出)
47年 トモエ運輸(株)を設立。
48年 滅菌工場を大田区大森に新設。
大森(事)、学園都市(営)
49年 昭和電工(株)のフロンガス一次店として全国的に販売を開始。
50年 ガスターミナルを建設する。
名古屋(連)
51年 日本で初めてヘリウムトレーラーを導入。
52年 筑波学園都市で大規模なプラント工事が始まり各種ガスの供給を開始。
53年 原子力発電で新型炉実験の本格化に伴い、各種高圧ガスを供給。
宇宙開発事業団には、エンジン燃焼実験に必要な水素ガスを供給。
54年 宝興産(株)を設立。
東松山(出)
55年 伊勢原市に事業所を開設し、ドライアイスの製造を開始。
家庭用プロパンガス部門の拡充のため、トモエプロパン(株)を設立。
伊勢原(事)
56年 伊勢原事業所にてプロパン、脱臭ブタンの充填を開始。(株)常磐ヘリウムサプライセンターを設立。
城東(営)、宮崎(出)、那珂町(出)
57年 昭和電工(株)との共同出資による(株)甲府ガスセンターを設立し、窒素の製造を開始。
甲府(営)
58年 日本酸素(株)、呉羽化学工業(株)との共同出資による福島水素(株)を設立。寿産業(株)を設立。
山口(出)、松本(出)
59年 横須賀(出)
60年 昭和電工(株)、大陽東洋酸素(株)との共同出資による(株)高崎ガスセンターを設立。
千歳(営)、富山(営)、長崎(出)、白河(連)
61年 城東ガス(株)を設立。研究所を横浜市へ移転。
仙台(連)
62年 茂原(出)
63年 磯部(営)、宮城(出)、宇都宮(連)
平成元年 ジャパンガス(株)羽田工場を新設。
タイにタイジャパンガスを設立。
京都(出)、川崎(出)
2年 日本酸素(株)、昭和電工(株)との共同出資による(株)津軽ガスセンターを設立。
青森(営)、石川(連)
3年 電算室を羽田に設置し、オンラインシステムを開始。
沖の平(出)、泉(出)、多摩(営)、八王子(出)
4年 いわき(出)
5年 (株)茨城ガスサービスを設立。
六ヶ所(連)、奈良(出)、韮崎(駐)、湘南(営)
6年 佐倉(出)、会津(駐)、砺波(営)
7年 大陽東洋酸素(株)との共同出資による(株)茂原ガスセンター、また、昭和電工(株)、大阪酸素工業(株)、日本酸素(株)との共同出資による(株)青梅ガスセンターを設立。アメリカにダラス駐在所を開設。
フィリピンにインガスコ(株)、日本酸素(株)との共同出資によるピリピナストータルガス(株)を設立。
西条(出)
8年 ベトナムに日商岩井(株)との共同出資によるベトナムジャパンガス(株)を設立。アメリカに日本酸素(株)との共同出資によるアービングガスセンター(株)を設立。
ひたちなか(営)、岩手(駐)、館山(駐)
9年 (株)クリーンアクト設立。
シンガポールにNOX、日本酸素(株)との共同出資によるタンピネスガスセンター(株)を設立。
戸塚(出)、長野(出)
10年 シンガポールにスペクトラガス社、トランステックエレクトロニクス社との共同出資によるトモエトランステックスペシャリティーガスイズ(株)を設立。
佐世保(事)
11年 本社、ガスターミナルにおいてISO14001を取得。
浜松(駐)、那須(駐)
12年 創立50周年を迎える。
伊勢原(事)を独立させ、(株)湘南エルピージーセンターを設立。
飯島(連)、熊本(出)
13年 小千谷(駐)、新井(営)
14年 相模原(出)
本社技術部においてISO9001を取得。
シンガポールにステリ・サービス(株)を設立。
上海に上海都茂愛浄化气有限公司を設立。
15年 ひたちなか営業所他35営業所においてISO14001を取得。
FCプロジェクトを発足。
16年 「青梅水素ステーション」実証試験国家プロジェクトに参加。
パブコック日立、大陽日酸と共同運営。
横浜研究所を厚生労働省に作業環境測定機関(特定化学物質、金属)として登録(第14-87号)、作業環境測定事業を開始。
17年 横浜研究所を計量証明事業所(濃度)として神奈川県に登録(第172号)、環境計量事業を開始。
横浜研究所を作業環境測定機関として新たに有機溶剤を追加登録。
トモエプロパン(株)設立25周年を期に社名をトモプロ(株)に変更。
タイにステリ・サービス(株)を設立。
長岡(出)
18年

横浜(営)、石川(営)
トモプロ(株)に北関東開発を設立。

19年 笠岡(営)、鹿島(出)、熊本(営)、沼津(出)
(株)エクセルに資本参加、グループ企業とする。
20年 マレーシアにトモエインダストリアルガス(株)を設立。
昭和炭酸との共同出資によるSTT(株)を設立。
21年 姫路特殊ガスセンターを設立。
22年 受託洗浄事業のため国内TMドライケミカルズ(株)、韓国にTSDC(株)を設立。
(株)国富ガスセンターを設立。
23年 (株)磯部ガスセンターを設立。
泉(営)
 
プライバシーポリシーお問い合わせ このページの上へ戻る

【画】Copy all Rights Reserved.産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会 All Rights Reserved.