産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会

 
サイト内検索
株式会社 巴商会TOMOE SHOKAI Co., LTD ENGLISHサイトマップお問い合わせ
HOME 会社案内 商品とサービス ソリューション 技術情報 安全・品質・環境 CSR報告 採用情報
HOME > 横浜研究所 > 業務内容 > 共同開発 > 実績例
横浜研究所
業務内容
出張分析
受託分析
評価分析
▼ 共同開発
実績例
装置安全性診断
事例紹介
History
施設ご案内
横浜研究所 TOPへ
所在地
横浜研究所
住所: 〒246-0007
神奈川県横浜市瀬谷区
目黒町29-4
TEL: 045-921-2143
FAX: 045-921-8947
MAIL: labo@tomoeshokai.co.jp
横浜研究所アクセスマップ
業務内容
 
共同開発 …実績例…
 
具体的にどんなことができるの?

1)各種装置開発
・ 生産効率を上げる為にメンテナンス周期を最適化したい。
・ 作業の安全性を上げたい。
・ 装置のランニングコストを改善したい。・・・・・・・・・・・等

といった要望にお応えすべく、横浜研究所はお客様と共にソリューションに取り組み、各種装置の設計・評価・検証を行います。

排気配管の安全性確保・メンテナンス周期の改善・除害装置等の設備保護の為のコールドトラップの開発、ランニングコスト削減やより使い易いガス漏洩検知システムの開発等、各ユーザーに最適なオリジナル技術(製品)開発を行っています。


2)プロセス開発

高性能デバイスを生産する為に、様々な新しいケミカルが登場しています。しかし、新材料が有効的に利用できるかどうかの判断には、シミュレーション試験が不可欠です。そして、実際に新材料ガスを使用して試験を行う際の供給方法や排気設備(特に排ガス処理設備)構築などのハードルが高く、お困りではないでしょうか?

このような問題をお持ちの方に弊社横浜研究所の設備を利用し擬似プロセスを行って新規材料の味見をすることをご提案いたします。

さらに、この【プロセス排気分析】を行うことで、どのような反応が起きているのか?どのような排気の処理が最適であるか?を検討する為の非常に重要なデータを取得することが出来ます。


3)ガス供給システムの開発
ガス供給と一言に言っても、様々な性状(可燃性、腐食性、毒性…)を持っており、供給原料が気体とは限らず液体や固体である場合もあります。供給されるケミカルの物性や使用方法から最適な供給方法を検討・提案・開発・評価を行います。

4)アプリケーション開発

薬品等の化学物質を使用している機器や設備のメンテナンス時に、異臭を感じられた方も以外に多いのではないでしょうか?また普段の何気ない作業は本当に安全が確保されているのでしょうか?

横浜研究所はお客様と共に様々な調査を実施し、安全な作業方法やメンテナンス方法のアプリケーション開発を行います。

また、SEMI規格に基づいた雰囲気分析を行い、装置稼動時やメンテナンス作業にともない作業者の健康に影響があるか判断できる分析【産業衛生試験】を国内でもいち早く手掛けており、多くのユーザーのビジネスや安全に寄与しております。

プライバシーポリシーお問い合わせ このページの上へ戻る

【画】Copy all Rights Reserved.産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会 All Rights Reserved.