産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会

 
サイト内検索
株式会社 巴商会TOMOE SHOKAI Co., LTD ENGLISHサイトマップお問い合わせ
HOME 会社案内 商品とサービス ソリューション 技術情報 安全・品質・環境 CSR報告 採用情報
HOME > 横浜研究所 > 業務内容 > 装置安全性診断 > 産業衛生試験
横浜研究所
業務内容
出張分析
受託分析
受託実験
立会実験
▼ 装置安全性診断
トレーサーガステスト
産業衛生試験
プロセス排気ガス分析
レンタルラボ
事例紹介
横浜研究所 TOPへ
所在地
横浜研究所
住所: 〒246-0007
神奈川県横浜市
瀬谷区目黒町29-4
TEL: 045-921-2143
FAX: 045-921-8947
MAIL: labo@tomoe…co.jp
横浜研究所アクセスマップ
業務内容
 
装置安全性診断 …産業衛生試験…
 
SEMI S2"半導体製造装置の環境、健康、安全に関するガイドライン"22章"排気換気"、23章"化学物質"に基づき、装置通常稼動時およびメンテナンス時における化学物質やプロセス副生成物の人体暴露レベルの調査試験を行います。
 
産業衛生試験の主な目的
装置通常稼動時およびメンテナンス時の作業者安全確認
 
メンテナンス作業マニュアルの改善
メンテナンス作業時の作業者呼吸雰囲気分析結果により許容量オーバーの検知が認められた場合のメンテナンスマニュアル見直しの根拠となります。
装置から放出された化学物質の人体曝露レベル

S2に適合するには
装置通常稼働下において、作業者呼吸雰囲気への化学物質の放出は職場被曝レベル(OEL)の1%未満であること、あるいは燃焼下限(LFL)の25%未満であることの実証が要求されます。
装置メンテナンス下において、作業者呼吸雰囲気への化学物質の放出は職場被曝レベル(OEL)の25%未満であること、あるいは燃焼下限(LFL)の25%未満であることの実証が要求されます。

試験実績
減圧CVD、プラズマCVD、プラズマエッチャー、イオン注入装置、CMP装置、マスクリペア、ウェットステーション等
プライバシーポリシー特定個人情報基本方針お問い合わせ このページの上へ戻る

【画】Copy all Rights Reserved.産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会 All Rights Reserved.