産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会

 
サイト内検索
株式会社 巴商会TOMOE SHOKAI Co., LTD ENGLISHサイトマップお問い合わせ
HOME 会社案内 商品とサービス ソリューション 技術情報 安全・品質・環境 CSR報告 採用情報
HOME > 横浜研究所 > 業務内容 > 装置安全性診断 > トレーサーガステスト
横浜研究所
業務内容
出張分析
受託分析
受託実験
立会実験
▼ 装置安全性診断
トレーサーガステスト
産業衛生試験
プロセス排気ガス分析
レンタルラボ
事例紹介
横浜研究所 TOPへ
所在地
横浜研究所
住所: 〒246-0007
神奈川県横浜市
瀬谷区目黒町29-4
TEL: 045-921-2143
FAX: 045-921-8947
MAIL: labo@tomoe…co.jp
横浜研究所アクセスマップ
業務内容
 
装置安全性診断 …トレーサーガステスト…
 
SEMI S2"半導体製造装置の環境、健康、安全に関するガイドライン"22章"排気換気"、23章"化学物質"及びSEMI S6"半導体製造装置の排気換気に関する環境、健康、安全のためのガイドライン"に基づき、半導体製造装置の排気システムの安全性確認を行います。
 
トレーサーガステストの主な目的
最悪のガス漏洩発生時における装置内外の安全確保
 
装置納入客先のコスト削減
適正排気量の確認を行うことにより、無駄な排気量の削減が可能となります。
 
装置納入客先への排気量要求の根拠

S2に適合するには
SEMI S2においては、装置通常運転時・保守作業時・装置故障時における作業者呼吸雰囲気の安全確保の為、装置筐体排気の適正化が求められています。
装置部品の故障時に起こり得る最悪のガス漏洩時においては、作業者の呼吸雰囲気へのガス漏洩許容濃度がOEL(職業被曝レベル)の25%未満であること、また装置内部の潜在的発火源においてLFL(燃焼下限)の25%未満であることの実証が要求されます。SEMI S6はその確認手法として推奨されています。

試験実績
常圧CVD、減圧CVD、プラズマCVD、プラズマエッチャー、拡散炉、ランプアニーラー、イオン注入装置、CMP装置、ケミカル自動供給装置、ウェットステーション、オゾナイザー、 除害処理装置、ドライポンプ、マスクリペア等
プライバシーポリシー特定個人情報基本方針お問い合わせ このページの上へ戻る

【画】Copy all Rights Reserved.産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会 All Rights Reserved.