産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会

 
サイト内検索
株式会社 巴商会TOMOE SHOKAI Co., LTD ENGLISHサイトマップお問い合わせ
HOME 会社案内 商品とサービス ソリューション 技術情報 安全・品質・環境 CSR報告 採用情報
HOME > 横浜研究所 > 業務内容 > 出張分析 > 現地分析の実際
横浜研究所
業務内容
▼ 出張分析
現地分析の実際
受託分析
評価分析
共同開発
装置安全性診断
事例紹介
History
施設ご案内
横浜研究所 TOPへ
所在地
横浜研究所
住所: 〒246-0007
神奈川県横浜市瀬谷区
目黒町29-4
TEL: 045-921-2143
FAX: 045-921-8947
MAIL: labo@tomoeshokai.co.jp
横浜研究所アクセスマップ
業務内容
 
出張分析 …現地分析の実際…
 
現地分析の実例
 
例1.配管工事後ガス純度分析
お客様より当社営業担当者が承った配管工事を終了後、お客様が使用される前に要望された純度のガスを供給できるかの確認をするため、現地にて酸素濃度等の測定を行います。
 
 
例2.現状把握のための不純物濃度測定
当社では様々な業種のお客様に様々なガスを納めています。一部のお客様では、ご要望により毎月一度行う月例分析や年に一度行う定例分析として、現地での定期ガス不純物濃度測定を行っています。時には屋上での作業もあります。
 
 
例3.異常時の原因調査のための測定
お客様の設備で異常や不具合が発生した場合に、ガスあるいはガス配管が原因と考えられることもあるので、詳しくお打合せさせていただいた上で、検査や分析にうかがいます。たとえば製品に金属分が不純物で存在するという場合には、配管からのパーティクルの混入が考えられるため、問題の配管の微粒子測定を行います。
 
 
例4.高純度ガス配管設備のガス中不純物濃度測定
半導体関連の工場では、高純度の窒素やアルゴンなどのガスを使用されます。当社では技術部が工場内の配管工事を請け負い、配管施工後の検査の一部として現地にて不純物濃度の測定を行います。
 
プライバシーポリシーお問い合わせ このページの上へ戻る

【画】Copy all Rights Reserved.産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会 All Rights Reserved.