産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会

 
サイト内検索
株式会社 巴商会TOMOE SHOKAI Co., LTD ENGLISHサイトマップお問い合わせ
HOME 会社案内 商品とサービス ソリューション 技術情報 安全・品質・環境 CSR報告 採用情報
HOME > 横浜研究所 > 業務内容 > 受託分析
横浜研究所
業務内容
出張分析
受託分析
分析機器一覧
評価分析
共同開発
装置安全性診断
事例紹介
History
施設ご案内
横浜研究所 TOPへ
所在地
横浜研究所
住所: 〒246-0007
神奈川県横浜市瀬谷区
目黒町29-4
TEL: 045-921-2143
FAX: 045-921-8947
MAIL: labo@tomoeshokai.co.jp
横浜研究所アクセスマップ
業務内容
 
受託分析
 
環境分析
巴商会は環境分析を通し、皆様の健康で安全な生活と地球環境を守るお手伝いをいたします。
 
エチレンオキシド作業環境測定
労働安全衛生法施行令の改正により、平成14年5月1日以降エチレンオキシドの作業環境測定が6ヶ月に1回必要になりました。巴商会では、作業環境測定士による作業環境測定基準に基づいた測定を行います。
 
 
大気中の有害物質測定
大気中のVOCs(揮発性有機化合物)、HAPs(有害大気汚染物質)、PFC(パーフルオロコンパウンド)などの有害物質の測定を行います。
 
 
悪臭分析
生活環境や作業環境の気になる臭いの定性、定量分析を行います。分析結果から臭いの原因調査、防臭対策などのコンサルティングも行います。
事例紹介を見る
 
 
土壌汚染簡易調査
土壌汚染対策法施行(平成15年2月15日)により不動産鑑定時に土壌汚染調査が義務付けられました。現在、有害物質を使用している施設、過去に汚染の可能性がある土地にはリスクマネージメントとして簡易調査が有効です。
 
 
工場排気分析
一般的な有害物質はもちろん、半導体製造工場などで使用している特殊材料ガスに対しても、産業ガスの商社として長年培った技術により信頼性の高い分析が可能です。
事例紹介を見る
 

装置安全診断試験
横浜研究所ではSEMI STANDARD S2"半導体製造装置の環境、健康、安全に関するガイドライン"に基づき、半導体製造装置について作業者の安全確保・プロセス条件最適化・製造コスト削減等を目的とした各種試験を実施しております。
装置安全診断試験の詳細を見る

評価試験
お客様に商品を供給するためには商社としてニーズにあった選定が不可欠です。横浜研究所ではガスソース、部品、装置を使用目的に合わせた評価試験を行い、部品及び装置メーカーにデータをフィードバックし、より良い商品開発のデータ採取やお客様のご希望に沿ったデータを採取していきます。
評価試験の詳細を見る
プライバシーポリシーお問い合わせ このページの上へ戻る

【画】Copy all Rights Reserved.産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会 All Rights Reserved.