Menu

「お客様のためになる」の行動や方法は個性的で良い

専務取締役 営業本部 本部長取締役

西村 長之
Hisayuki Nishimura

主な仕事内容
経済学部卒。昭和59年3月入社。入社以来、営業職に携わる。平成4年10月、茂原営業所所長に就任後、いくつかの営業所長を務めた後、平成15年11月第1営業部長に就任。常務取締役、営業本部本部長就任を経て現在に至る。

個人事業主のように自由に発想して行動できる会社

個人事業主のように自由に発想して行動できる会社

私たち巴商会の強みは独立系の商社であることです。お客様が求める最適な商品を、世界中から探して提供する事ができます。特に当社は、社員1人1人の発想に対して強い制限をかけることのない会社です。自由な発想で、自由に商材を探してきて、お客様に紹介し買っていただくという行動を取ることが可能です。

それは巴商会で働く上での魅力1つでもあります。個々の社員から「こんな商品を売りたい」「こんなビジネスをやってみたい」という意見があれば、上司が話をよく聞いて、できる限り実行させるという社風が根付いています。大手商社であれば、見積書1つ作る場合でも様々な制限がかかってきますが、当社の場合は個人商店のような動きを自由に取ることができます。

ただ、自由といっても、まずはお客様の要求に応えることが先決です。お客様の要求は多岐に渡るので、まずは相手の話をよく聞いて確実に理解し、迅速に対応することから始まります。そのようなことを積み重ねてお客様との信頼関係を築いた上に、自由に動ける領域が開けて来るのです。

また正しい判断をするには、お客様だけではなく、社内の先輩方の話を聞くことも大切です。普段から、なぜそのような指示が出ているのか、意図していることは何かを理解していれば正しい判断ができます。理解できないことがあれば繰り返し質問して納得した上で行動して欲しいと考えています。

持続的な成長に向け、個々の力を集約し大きな力に変える

持続的な成長に向け、個々の力を集約し大きな力に変える

巴商会が今後も成長を続けていくために必要なことは、社員1人1人の力を集約して総合力を高めることです。今、何をすべきか、どうあるべきかを一部の人間だけが考えるのではなく、常に全員で考えて力を出し合い、大きな力に変えることが出来る会社でなければいけません。とかく会社というものは、派閥ができたり、争い事が起きたりするものですが、当社にはそのような社内の確執はありません。常に全員がどうあるべきかを考えて、力を出し合えるよう、上司と部下の間でも活発なコミュニケーションを取っています。自由な発想を大事にするということも、その延長にあります。

その上で具体的に何をするかですが、最低限守らなければいけないのは社員の生活です。そのためには収益の核である既存事業を継続する必要があります。当社は、溶材商からスタートし、溶接に関わる酸素、アセチレン、炭酸ガスなどの産業用ガスを軸に、溶接関連の器具をはじめとする商品群を徐々に増やしてきた歴史を持ちます。現在、部分的にはガスのメーカーとして機能することもありますが、商社であるという基本は変わりません。

ただし、国内のガス消費量が減少する中、今後、日本でガスが爆発的に売れるということは考えにくい状況です。そこで、ガスを基軸としながらも、周辺分野の省エネ商品をはじめお客様のビジネスに寄与できる商品のラインナップやお客様の数を増やしていくことが、今後の事業展開の基本になると考えています。また、日本よりも成長率が高い東南アジアでの事業展開にも注力しているところです。さらに、これらの取り組みで成長を維持するだけではなく、会社全体をより発展させるために新規事業にもチャレンジしています。

何かに一生懸命取り組んだ経験は仕事にも生きる

何かに一生懸命取り組んだ経験は仕事にも生きる

巴商会の社員の行動を支えているのは「お客様のためになることをする」という創業以来掲げてきた社是です。この社是を浸透させるために当社では、全社員に対し入社時から10年間、継続的な研修を行っています。「お客様のためになる」という概念は、はなはだ抽象的に感じられるかもしれませんが、最初は表面的にしか理解できなくても、意識して行動に取り入れることで、「お客様のためになる」とはどういうことかと考えるようになります。正しい行動は、お客様からの評価につながります。正しくない行動は、評価されません。そうやって考えて行動するという反復を通して、いつしか自然な行動に落ちていきます。

このように根底では1つの理念を共有していますが、それを実現するための行動や方法は「個性的であれ」というのが当社のマネジメント方針です。画一的な方法では「お客様のためになる」を実現することはできません。

また、受け入れる人材像としても、限定的に絞り込んだイメージは持ってはいません。もちろん年によって採用テーマも変わります。その中で、個人的に好ましいと考えているのは、一生懸命何かに取り組んだ経験を持つ人材です。特にすごい成果を上げた経験じゃなくても構いません。どんな経験であれ、本気で取り組んだことからは学ぶことがあります。面接では、どのようなことに夢中になり、本気で取り組んだ結果こうなったという話を聞いてみたいと考えています。日々の仕事は非常にハードです。スピードも求められます。一生懸命やることがどういうことかを理解できている人なら、乗り切っていけるでしょう。


STAFF VOICE
SalesSales営業
SalesEngineer Sales技術営業
SalesSales営業
SalesSales営業所長
ClerkClerk事務
ClerkClerk事務
EngineerEngineer技術
AnalysisAnalysis商品分析
Plant OperationPlant Operationプラント管理
Over seasOver seas海外事業
Over seasOver seas海外赴任
DirectorDirector取締役
社員紹介一覧を見る