産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会

 
サイト内検索
株式会社 巴商会TOMOE SHOKAI Co., LTD ENGLISHサイトマップお問い合わせ
HOME 会社案内 商品とサービス 技術情報 安全・品質・環境 CSR報告 採用情報
HOME > ソリューション > 供給 > ガス供給形態 > シリンダー
ソリューション
供給
ガス供給形態
シリンダー
集合容器
貯槽
発生装置
配管
機器
緊急遮断
排気
管理
ソリューション TOPへ
供給
 
ガス供給形態 …シリンダー…
 
単独
・マニホールド方式
  ガス使用量が比較的少ない場合に使用される。複数の高圧ガス容器を用い、高圧導管にリードパイプ(連結管)で接続し、主管に取り付けた減圧弁で使用圧力に応じて減圧供給する集合設備です。
     
    【高圧ガス容器 諸元表】
   
容器製造
方法
用途 内容積 ガス
容量
最高充填
圧力Mpa
寸法(*2) 重量(*2)kg
実容積l 公称l 外径 mm 全高 mm
継目無
容器
圧縮ガス 46.7 47 7m3 15 232 1375 53
10.2 10 1.5m3 15 140 870 16
液化ガス(*1) 40.2 40 30kg 15 216 1380 50
溶接
容器
アセチレン 41   7kg - 250 955 27
LPG 117.5   50kg - 359 1275 43
47   20kg - 313 1031 30
   
*1 亜酸化窒素、炭酸ガス用
*2 全高・重量キャップ及び容器弁を除く。
     
   
マニホールド 大型容器(500kg)

低温容器
・低温液化ガス容器
  液体が蒸発して気体になるときは、外部より熱を吸収しますが液体が沸騰している間は外部から熱を加えても液体の温度は一定に保たれる。
この原理をうまく利用して、窒素の液体を運搬できるようにした容器で通称[魔法瓶]或はデュワー瓶と言われています。
尚、容器は開放型なので密閉しないよう取り扱いに注意が必要です。

【特 色】
1.低温液化ガスを少量運搬する場合に使われる。
2.蒸発量を少なくするため真空断熱構造になっている。
3.外気からの熱の侵入を極力少なくするように2重壁・4重壁構造になっている。

デュワー瓶

・可搬式超(極)低温容器方式
  超低温容器とは、「温度が−50℃以下である液化ガスを充てんするための容器であって、断熱材で被覆することにより容器内のガスの温度が常温の温度を超えて上昇しないような措置を講じてある容器」のことをいいますが、可搬式超低温容器は、運搬可能な超低温容器に酸素、窒素、アルゴン等を低温の液体で貯蔵し、これを別置の蒸発気により気化し、所定の圧力でガスを供給するものです。また、この容器は、液化ガス取出用容器としても使用できます。
LGC
 
    【特 徴】
1.貯蔵、運搬、消費と広範囲な用途を持つ。
2.この容器1本で、内容積7m3の高圧ガス容器13本(N2)〜20本(O2)分のガスが充てんできる。
3.高真空断熱方式を採用しているので、気化ロス、自然蒸発ロスが少ない。
4.比較的中容量使用の場合に使用される。(高圧ガス容器式とCE供給の中間)
5.適用ガス:液化酸素、液化窒素、液化アルゴン、液化炭酸ガス
6.通常、内槽はステンレス鋼、外槽は炭素鋼及びステンレス鋼を使用している。
プライバシーポリシーお問い合わせ このページの上へ戻る

【画】Copy all Rights Reserved.産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会 All Rights Reserved.