産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会

 
サイト内検索
株式会社 巴商会TOMOE SHOKAI Co., LTD ENGLISHサイトマップお問い合わせ
HOME 会社案内 商品とサービス 技術情報 安全・品質・環境 CSR報告 採用情報
HOME > ソリューション > 供給 > 緊急遮断 > 地震感知方式
ソリューション
供給
ガス供給形態
配管
機器
緊急遮断
緊急遮断装置
地震感知方式
排気
管理
ソリューション TOPへ
供給
 
地震感知方式 …地震感知方式…
 
地震の大きさ
地震の大きさは下記により表現されます。
   
 
・加速度 地震の加速度(gal)
・震度 体感及び建物の倒壊率等から判断されるもの
・計測震度 気象庁の指数(震度計による加速度より決めている)
・マグニチュード 地震の規模(震源から100Km離れた地震計での最大振幅(単位:μm)の常用対数値)
・SI値 地震によって生じる被害の大きさを数値化したもの
   
 
震度 加速度(gal) 計測震度 SI値(Kine) 気象庁震度階級関連解説表より
0 0.8以下 0.5未満 人は揺れを感じない。
1 0.8〜2.5 0.5以上1.5未満 屋内にいる人の一部が、わずかな揺れを感じる。
2 2.5〜8.0 1.5以上2.5未満 屋内にいる人の多くが揺れを感じる。眠っている人の一部が目を覚ます。
3 8.0〜25 2.5以上3.5未満 1.1〜3.7 屋内にいる人の殆どが揺れを感じる。恐怖感を覚える人もいる。
4 25〜80 3.5以上4.5未満 3.8〜12.5 かなりの恐怖感があり、一部の人は身の安全を図ろうとする。眠っている人の殆どが目を覚ます。
5弱 80〜250 4.5以上5.0未満 12.6〜22.8 多くの人が身の安全を図ろうとする。一部の人は行動に支障を感じる。
5強 5.0以上5.5未満 22.9〜41.6 非常な恐怖を感じる。多くの人が行動に支障を感じる。
6弱 250〜400 5.5以上6.0未満 41.7〜75.8 立っていることが困難になる。
6強 6.0以上6.5未満 75.9〜138.1 立っていることが出来ず、はわないと動くことが出来ない。
7 400以上 6.5以上 138.2以上 揺れに翻弄され、自分の意志で行動できない。
地震感知器
地震感知器には下記の種類があります。
   
 
・振子形 振子重錘を基準とし、変位振幅(ゆれの幅)を測定
・サーボ形 加速度が加わり振子がゼロ位置からずれる値を測定
・落球式 円筒の上に乗せた球体が水平加速度によって落下する事で、地震動の大きさを測定
加速度は、球体の直径と円筒径の比で決められます。
   
  地震時のガス設備の自動遮断に、上記の地震感知器を使用します。
   
地震による緊急遮断
毒・可燃・自燃性ガスの自動遮断
 
地震計(2out of 3)によるガス容器の元栓自動遮断の実施
150Gal又は、30Kineで地震計2台以上感知により遮断(※ 設定値例)
   
  地震時緊急停止フロー例
プライバシーポリシーお問い合わせ このページの上へ戻る

【画】Copy all Rights Reserved.産業用ガス、高圧ガス、特殊ガスなら株式会社巴商会 All Rights Reserved.